買い物カゴをみる CLUBさぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

祝・照ノ富士、横綱昇進♪国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア Yokozuna miniture

職人の自信作☆

日本の国技・相撲の横綱が締める綱のミニチュア版です。

国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(雲竜型)【全景】


日本の国技・相撲。

最高位、横綱が土俵入りで締める綱。横綱とはその綱の名称でもあります。

その横綱に精麻が用いられているのはご存知でしょうか?

本物の横綱(※)を麻縄職人が再現、小型化したつくりの本格派、横綱ミニチュア(雲竜型・不知火型)ができました。

おお麻(ヘンプ)は霊気を持つものとして古来祭祀神儀に用いられてきた神聖な植物です。
いわゆる祓い、癒し、身のお守りなどにつながっています。

お守り、飾り、コレクションとして、ご贈答の品にもふさわしい一級の品です。

※土俵入りの型によって「雲竜型」、「不知火型」の2種類があり、横綱の背面の輪の数は「雲竜型」が1つ、「不知火型」が2つになります。


《腰に巻く横綱は注連縄の一種》
大相撲とは、今ではテレビで放送されて大衆娯楽競技と思われがちだが、もともと天皇家に奉納される皇室神道の神事である。力士の最高位・大関から選び出された特別な者のみが、神の御神体の証として注連縄の一種である「横綱」を腰に張ることができる。

これが現在の「横綱」の言葉の由来である。横綱を張った力士は神霊が降りているとみなされる。この横綱も紙垂をつけて左綯いになっている。
『知れば知るほど面白い!神道の本』三橋健著(西東社)P73より引用、一部編集



・京都/株式会社山川について

明治19年創業。現在、代表は山川正彦氏(5代目)。伝統的な技法と材料を守りつつ、神社仏閣用の麻製品を手がけて120年。つくられているものに、その仕事に携わった職人の名前が入ることはありません。
今日の技術に満足することなく、日々精進。手仕事による伝統工芸は一級品です。
京都府指定「京の神祇装束調度品 伝統工芸品」認定。

※明治維新まで皇室のあった京都では、各種の式典や行事が多く、また神社の神事も盛んであるため、それらの道具や衣装をつくる専門工芸が古くから発達してきました。神祇調度とはいわゆる神具と呼ばれるもので、三宝や神殿などの木製の道具類のほか、鏡、御簾、几帳、旗、幕、雅楽器などがあります。神祇装束は、宮中の装束や神主の衣服、各種の伝統的な式典や行事などに用いられる衣装とその付属品をさします。いずれも多品種少量生産で、手づくりが大部分を占めます。街ぐるみの分業パワーに加え、産地と消費地が一体になっている京都ならではの伝統工芸です。

国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(雲竜型)【綱部分のアップ】
雲竜型の綱部分。白色の綿布の内側は本物と同じように精麻と銅線芯からなります。


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(雲竜型)【うしろの輪の部分】
雲竜型の背面の輪は1つです。(雲竜型は過去多くの横綱に用いられた、いわば「正統派」の型)


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(不知火型)【全景】
こちらは不知火型。雲竜型に比べると少数派。現役の白鵬関はこの型です。


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(不知火型)【綱の部分】
不知火型の綱の部分。


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(不知火型)【うしろの輪の部分】
不知火型の背面の輪は2つです。


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア【飾り方の例】
飾り方の例。飾るための置き台(国産ヒノキ)、紺色フェルト布も付属します。説明書付き。


京都府指定【伝統工芸品タグ】
京都府指定「京の神祇装束調度品 伝統工芸品」です。


国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア【還暦土俵入り(赤色綿布巻き)】
長寿祝いとして行われる還暦土俵入りの横綱を再現した赤色の綿布を巻いたものも可能。



《横綱が土俵入りで締める綱について》
現在、綱は年3度東京で行われる本場所ごとに、横綱が所属する相撲部屋で新しく作られる。ぬかで麻をよく揉み、芯となる銅線に巻き付け、さらし木綿でつつんだ同じ形状のものを3本作る。この3本を三つ編みの要領で撚り、体にあわせて完成だ。麻もみからはじめて、完成するまでには4~5日を要する。長さや重さは力士の体格により異なるが、4~5メートル・6~8キロのものが多い。

現存する江戸時代の谷風梶之助(四代横綱)・稲妻雷五郎(七代横綱)・秀の山雷五郎(九代横綱)の綱は、いずれも木綿製で、細くて軽い。錦絵や写真で比較すると、明治時代後期の常陸山谷右衛門(十九代横綱)、二代梅ヶ谷藤太郎(二十代横綱)以降、現在のような太い綱が使用されるようになったものと考えられる。横綱メイキングYouTube動画(約10分30秒)
『相撲』土屋喜敬著(法政大学出版局)PP156~157より引用、一部編集。大相撲の土俵で使用される「もの」であると同時に、力士の最高位、そして横綱本人をも意味する横綱と混同を防ぐため「もの」を指す場合は、綱と記述。



国産大麻(精麻)・横綱ミニチュアは、神々のため京都で育まれた伝統の技、麻縄職人が本物の横綱をその名のとおりミニチュア化した品です。

※赤色(還暦土俵入り)は、ご注文受付後にお作りしてお届けさせていただきます。

・サイズは、太さ約3.3センチ、外径約15センチ、背面の輪の部分高さ約13センチ。(サイズはこれより大きなものもできます。お問合せください)すべて手作りのため、微妙に異なります。

・本体の中は、貴重な国産極上質の精麻(大麻の茎の皮を乾燥させたもので、精麻を裂いてできた繊維をより集めると麻糸になります)と銅線芯からなり、その表面に白色の綿布を巻き紙垂を垂らした、実際の横綱をミニチュア化したつくりの本格派です。

・横綱は土俵入りの型によって「雲竜型」、「不知火型」の2種類があり、ミニ横綱の背面の輪の数は本物にならい「雲竜型」が1つ、「不知火型」が2つです。型をお選びください。それぞれの型2つ、同じ型2つのセット割引もご用意しております。※現役の白鵬関は不知火型です。

・現役時代の最高位が横綱である元力士が還暦(60歳)を迎えた際に「長寿祝い」として行われる還暦土俵入りの横綱を再現した赤色の綿布を巻いたものもお選びいただけます。元横綱・北の湖の還暦土俵入りYouTube動画(約2分45秒)

・お祝い、お守り、飾り、コレクションとして、悪疫を退散させ幸福招来を願う神物に。飾る際、下に敷く紺色フェルト布と置き台(国産ヒノキ製)とともに化粧箱(和紙貼り箱)に納めてお届けさせていただきます。(化粧箱の代わりに桐箱をご用意することもできます。お問合せください)さらに横綱ミニチュアの中に入っている精麻の見本付き。

『取扱説明書』をお付けします(「1300年つづく、相撲はなぜ神事か?」解説付き)。古神道(伯家神道)の作法により潔斎してお送りさせていただきます。(火打ち石を使います。出土品から古墳時代にはすでに使われていたことが知られており、切り火は不浄を断ち邪をはらう日本古来の風習です)


祝・照ノ富士、横綱昇進♪国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア Yokozuna miniture

価格:

19,800円 (税込) 20,900円 (税込)

[ポイント還元 198ポイント~]
種別:
価格:
購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる

※商品の体感・効果には個人差があります。

サイズ 本体:太さ約3.3センチ×外径約15センチ×高さ約13センチ
組 成 本体:国産大麻(精麻)、銅線芯、綿布巻き、紙垂
白、赤(還暦土俵入り仕様)
備 考 ・本体は天然素材のため、使っていくと変色したりします。
・長時間の直射日光を避けてください。
区 分 日本製
製造者 株式会社山川

関連おすすめ商品:10¸000円以上お買い上げで代引き手数料及び送料が無料となります。

ページトップへ