買い物カゴをみる CLUBさぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

天の川工房展のご案内

天の川工房、高知では最後の個展となります。

2019年5月8日(水)〜5月26日(日) 川村雑貨店 須崎市赤崎町1-3-3
Facebookページ:https://www.facebook.com/kawamurazakkaten/

2019年6月29日(土)〜7月15日(月) 星ヶ丘アートヴィレッヂ 高知市横内153-1
Facebookページ:https://www.facebook.com/hoshigaoka.kochi/

どちらの場所も行ったことはありませんが、写真等を見たところ天の川工房の作品と合っている空間という感じ。お出かけください。(^^)/

令和もよろしくお願いいたします

令和初日。なにか新年と同じように清々しい気がします。

新時代のはじまり。
特に感慨とかはありませんが、今までのことを無駄にしない、いい時代になったらいいと思っています。

令和もどうぞよろしくお願いいたします。

伊勢麻振興協会の記事

お知らせしていた伊勢麻振興協会による事業報告&勉強会が4月16日に行われました。その記事が出ています。

麻の栽培に理解を 「伊勢麻」振興協会 大嘗祭に精麻の献上を申し出へ 三重(伊勢新聞)

麻の種まき

徳島県の三木家で麻の種まき式が9日にありました。夕〜夜のNHKのニュース(愛媛、全国)で放送されていたようです。母が教えてくれました。(^^)

大嘗祭で献上、麁服に使う麻の種まき 桜満開の徳島で(朝日新聞)

吹きガラス展(愛媛民芸館)

吹きガラス展が愛媛民芸館で始まっています。吹きガラスは倉敷ガラス(小谷眞三氏)と沖縄ガラスで昭和42年の開館時からの収集品。

吹きガラス展(愛媛民芸館)

ミノや笠と合わせて展示されていておもしろいと思いました。2019年7月28日(日)まで。
このあと初代の文野千栄子館長が集めた東北とアイヌの民芸品が展示予定です。

一般社団法人「伊勢麻」振興協会 事業報告&勉強会のお知らせ

伊勢麻振興協会Facebookページから転載、一部編集してご案内させていただきます。


昨年、三重県の許可を得て(戦後初)、伝統的大麻栽培、精麻加工が伊勢の地で復活し、そこで生産された精麻「伊勢麻」が多度大社、椿大神社に奉納されました。

伊勢麻振興協会のこれらの取組みを、広く地元の方に知っていただく目的で、事業報告&勉強会が開催されます。

参加特典:
参加頂いた方に、神事に不可欠な国産「精麻」一枚配布(数に限りがあり当日の参加人数によって全員にお配りできなくなる可能性もございます。予めご了承ください)

参加資格:
入場無料。どなたでも参加できます。
事前の申込みは不要。当日、会場まで直接おこしください。

内容:

1.記念講演
「大嘗祭と麻 〜日本人と麻の深く長いかかわり〜」
講師:新田 均(伊勢麻振興協会理事)

2.「伊勢麻」事業報告

日時:平成31年4月16日(火)17時45分〜19時15分

場所:伊勢商工会議所(三重県伊勢市岩渕1丁目7−17)5階大ホール

アクセス・駐車場:
(近鉄・JR)伊勢市駅、(近鉄)宇治山田駅より、徒歩8分程度。
車でお越しの方は、会議所専用立体駐車場(伊勢市役所裏側向い)をご利用ください。駐車券は本会受付にて無料扱いとさせていただきます。
お問い合わせは伊勢麻振興協会まで。

知っておきたい世界各国の産業用ヘンプ〜ロシア編

2019年4月号『農業経営者』の連載「知っておきたい世界各国の産業用ヘンプ」第16回は、ロシアです。

ロシア語でヘンプはコノプリャ(Konoplya)だそうです。
ロシアもヘンプ産業が拡大中で、国が補助金を出しヘンプ加工工場の近代化に対し機械設備費の50%を支援することになっています。収益モデルはヘンプは小麦の2〜3倍の価値、、

ヘンプの栽培の北限もわかっていて北極圏近くまで可能であることも記されています。詳しくは記事を。(^^)/

精麻の注連縄を探して

「精麻の注連縄を探して」【File009】徳島・三ツ木八幡神社編をアップいたしました。

新しい出会い、再会あり、貴重な体験をさせていただきました。よければご覧ください!

「CLUBさぬきいんべ」へ

会員制でさまざまな特典をご用意した「倶楽部さぬきいんべ」はこのたび「CLUBさぬきいんべ」に改称いたしました。

日本語は言霊ですので意味は同じです。イメージを少し軽くしようと思いました。(まもなく新年度、改元へとつづきます)

どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

ページトップへ