買い物カゴをみる 倶楽部さぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

山川・精麻製品1万円以上お買い上げで精麻1本プレゼント♪

黄金の国ジパング♪

山川・精麻製品1万円以上お買い上げで精麻1本プレゼント♪

国産大麻(精麻)


極上の国産大麻(精麻:せいま)に触れたことがありますか?

おお麻(ヘンプ)は霊気を持つものとして古来祭祀神儀に用いられてきた神聖な植物です。
いわゆる祓い、癒し、身のお守りなどにつながっています。

インテリア(部屋に飾る等)用に、アクセサリー作りに、麻績み等にお使いください。


《黄金の国ジパング》
2000年夏、黄金色に輝く精麻(麻の繊維の束)をみてとても感動した。熟練者たちの手にかかると土色の汚れた繊維が黄金の光を放つようになる。(中略)

大航海時代のイタリア人探検家マルコ・ポーロは、『東方見聞録』の中で「黄金の国ジパング」と記したが、私はその「黄金」とは金閣寺の金箔でもなく、田んぼの稲穂でもなく、全国各地の農家の軒先に干してあった大麻繊維であったような気がしてならない。
『ヘンプ読本』赤星栄志著(築地書館)P.226より引用



国産大麻(精麻)【1本】
色・ツヤ・薄さ、3拍子そろった極上の精麻、1本はこんな感じ。



国産大麻(精麻)【使用例】
精麻は神社のしめ縄、鈴緒に使用されたりもします。(京都・安井金比羅宮にて)



《大麻はなぜ縄文〜弥生期に頻繁に使用されたか?》
1.繊維が強靱であること。

2.種蒔きから約90日の短期間で人間の背以上に、高く真っ直ぐ育つ特徴があり、栽培しやすいこと。

3.「大麻」には神々と交信し、自然のメッセージを受けるシャーマンに必要な一定の「覚醒」作用があると思われていることなど。「大麻」そのものがもつ縄文時代以来の倭人の体験による不可思議な神聖さとその呪術性故である。その何らかの不可思議な力を人々は大麻に求め、それを繊維等に用途を求めるだけでなく、祭祀・祈りのための最重要な神具・呪具として使用してきたのである。
『日本の建国と阿波忌部』林博章著P.134より引用

《大麻(繊維)の加工工程》
1.茎の太さ別に収穫する。

2.葉と枝を落とす。

3.保存性をよくするために麻茎を煮る。

4.麻干し。自然乾燥させる。

5.水浸し。発酵を促すために麻茎を朝と夕方に水に浸す。

6.発酵。3日間発酵させて茎の繊維とオガラを分離しやすくする。

7.麻はぎ。繊維をはぎとる。

8.麻ひき。表皮や不純物をのぞき、繊維質だけにする。

→ 金色に輝く精麻(麻織物や神事用の原料となる)
→ オガラ(茅葺家の屋根材として使われる)
『ヘンプ読本』赤星栄志著(築地書館)PP.50〜51より引用、一部編集


国産大麻(精麻)は、昔から大切にされてきた“黄金の国ジパング”を感じていただける貴重品です

・長さ約180cm、1本あたり重さ5〜8g。貴重な国産極上の精麻(栃木県産、野州麻)を山川・精麻製品1万円以上お買い上げで精麻1本プレゼントいたします。

・精麻とは大麻の茎の皮を乾燥させたもので、精麻を裂いてできた繊維をより集めると麻糸になります。ロットにより厚さ、幅、長さに差があります。ご了承くださいませ。

・いい麻のポイントは、色・ツヤ・薄さだそうです。白くするために硫黄で蒸す工程を経ていないため精麻本来の輝き、強度を感じていただけます。薄さについては、(透かしてみて)新聞が読めるくらいがいい麻とも言われます。

・インテリア用(部屋に飾る等)、アクセサリー作りなどにお使いください。

・古神道(伯家神道)の作法により潔斎してお送りさせていただきます。(火打ち石を使います。古墳時代にはすでに使われていたことが知られており、切り火は不浄を断ち邪をはらう日本古来の風習です)



京都・山川の精麻製品はこちら♪

企画

ページトップへ