買い物カゴをみる CLUBさぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

《売り切れ》クールな☆香川県産肥松製勾玉ペンダント【HM007】

おお麻(ヘンプ)と木のハーモニー♪

クールで、存在感のある勾玉ペンダント、第3作。

香川県産肥松製勾玉ペンダント側面



樹齢300年以上の稀少な木材(肥松)から生まれました。

香川県高松市在住の木工アクセサリー作家・堀洋文氏。

広島県在住の編み物作家・日下雅美氏によるコラボレーション作品。



北から南まで、豊富な緑に囲まれた風土を持つ日本。

私たちの祖先は、この世に「産霊神(むすびのかみ)」がいて、その神が、住む土地にも山川草木にも、霊魂を与えると信じていました。

『和名抄』(平安時代の漢和辞書)には「木霊」あるいは「木魂」という言葉が出てきます。

これは、樹木に精霊が宿っているという意味で、木は天から神が降りてくる「よりしろ」でした。

このような樹木を対象とする信仰のあり方は、木が切られたあとも引き継がれます。



香川県産の稀少な銘木、肥松(コエマツ)や国産の黒柿を用いて数々のアクセサリーを手作りしている堀さん。

木に魅力を感じて約30年という堀さんが、木目や素材に合わせて木そのものと対話しながら丹念に仕上げた天然の美しさをお楽しみください。

編み物歴40年という日下さんがこの勾玉を手にとって、イメージによりヒモを編み上げ。

天の川工房(高知県、宮崎朝子氏)の草木染めヘンプ糸の2色(染料:墨、藍)を用い、丸四つだたみ~ねじり結び~平結び~玉留め~四つ組で編んだ、どこにもないペンダントが生まれました。

1点ものです。天然の素材ですので1つとして同じものはありません。



※肥松=樹齢300年以上の松材の中心部(ヤニを含んだところ)を肥松といいます。

香川県の山間部や瀬戸内沿岸で育ったものに、木目の美しいものがよく見られます。

しかし近年は、木自体の寿命や病虫害によって、これらの古木が枯死し、稀少価値となっています。

日にかざすと光が透け、また年数が経過すると次第に風格を増してアメ色になるといわれてます。



【堀洋文氏の経歴】

香川県さぬき市生まれ。

大学在学中に工業意匠(デザイン)について学ぶ。

大学卒業後、家具やインテリアを設計施工する会社に勤め、29歳のとき、肥松(コエマツ)という木と出会い、何とも言えない魅力を感じる。

また、その頃地元の伝統工芸士や塗師の方々から木や工芸品に関する知識を習得する。

1993年より香川県産の銘木を用いた小物作りを開始。

家業である冷凍食品卸業を経営する傍ら、「木の良さや物づくりの素晴らしさを伝えたい」と、時間を見つけては作品作りに励んでいる。



【日下雅美氏の経歴】

広島県生まれ。広島大学文学部哲学科卒業。

子供の頃から、レース編みなどの編み物、それを使った布製品などが大好きで、仕事を持つ傍らで種々の作品作りを続けている(編み物歴40年)。

すべて独学で、編む技術の習得に努め、できあがった作品を友人知人等にプレゼントしたり譲ったりしてきた。

特に、ヨーロッパの装飾的な花柄模様のレース編みや、東南アジアの鮮やかな模様の布、雑貨に関心を持っている。

みんなに喜んでもらったり楽しんでもらったりすることが信条である。



香川県産肥松製勾玉ペンダント全景
クールな感じに仕上がってます。「頼れる男の子みたい」とは日下さん。


香川県産肥松製勾玉ペンダント反対面
反対面。しっとりとした肌ざわりで、触れると気持ちいいです。


香川県産肥松製勾玉ペンダント留め具
留め具(木製)をスライドさせることによって自由に長さを調節でき、性別・年齢を問いません。


【肥松のお手入れ方法】

・できるだけしまいこまず、ときどき木綿の布で乾拭きしてください。ヤニが一面に広がり美しいベッコウ色になります。

・使った後は木綿の布で乾拭きしてください。たまに椿油・クルミの油などの植物性の油で拭いていただくと美しさが増していきますが、基本は乾拭きです。

・水気は塗装していない肥松には苦手です。肥松に水やお茶をこぼした時は、水分を全体に拭きのばしてから乾拭きしてください。

・湿度や環境の変化によって、肥松の製品は仕上げ後もヤニが出てきます。その際は、乾拭きもしくは椿油・クルミの油などの植物性の油で拭いてください。


勾玉ペンダント【HM007】は、稀少な肥松から生まれた勾玉と、やさしい草木染めヘンプ糸で編んだヒモが組み合わさったどこにもないペンダントです。

・本商品は1点もの。現品限りです。(商品に写真のペンは含みません)

・ヒモは天の川工房(高知県、宮崎朝子氏)の草木染めヘンプ100%糸の2色(染料:墨、藍)を用いて編んでいます。

・肥松は、年数が経過すると次第に風格を増していきます(見た目や質感は、持たれる方のお手入れの仕方に合わせて変化していきます。1年、2年、3年、、10年、、、と変わっていく木の表情も併せてお楽しみいただければ幸いです)。

・縄文時代の人々も木で勾玉を作ったりしていたようです。日本人の感性は今も昔も変わらないみたいです。

・本商品は木工アクセサリー作家・堀洋文氏と編み物作家・日下雅美氏によるコラボレーション作品です。今後続々と、このようなコラボ企画商品をご案内していく予定です。楽しみにお待ち下さい♪


《売り切れ》クールな☆香川県産肥松製勾玉ペンダント【HM007】

価格:

17,112円 (税込)

[ポイント還元 171ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる

※商品の体感・効果には個人差があります。

サイズ ペンダントトップ(約4.7cm×3.0cm×1.2cm)、ヒモ(約0.2cm×41cm)
組 成 ペンダントトップ(香川県産肥松)、ヒモ(天の川工房製草木染めヘンプ糸、染料:墨、藍)、留め具(レッドウッド)
天然色
備 考 ・ペンダントヘッド及びヒモは、天然素材のため、長期間の使用により色や風合いが変わることがあります。変化をお楽しみください。
区 分 日本製
製造者 堀洋文氏、日下雅美氏

関連おすすめ商品:10¸000円以上お買い上げで代引き手数料及び送料が無料となります。

糸魚川産ヒスイ製勾玉ペンダント「磯砂」【KM005】

通常価格: 195,000円(税込)
190,000円(税込)
在庫  1  個
購入数

ページトップへ