買い物カゴをみる 倶楽部さぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

「さぬきいんべ」とは?

■ “さぬきいんべ”の由来

はるか1500年以上も前、讃岐の国(現在の香川県)の各地を開墾・開拓した氏族が忌部(いんべ)氏です。

忌部氏は天太玉命(あめのふとだまのみこと)を祖先とし、ケガレを忌み嫌い神聖な仕事に従事する品部で、古来宮廷祭祀における祭具の製造や神殿・宮殿の造営に携わってきました。

中でも、手置帆負命(たおきほおいのみこと)を祖とする讃岐忌部(さぬきいんべ)に天日鷲命(あめのひわしのみこと) を祖とする阿波忌部(あわいんべ)が協力する形で、おお麻(ヘンプ)の栽培を普及していったようです。

讃岐忌部は、農業や技術にすぐれた阿波忌部の助けを得て、讃岐の山野を開拓していったと伝えられており、香川県における忌部神社(三豊市豊中町笠田竹田)、大麻神社(善通寺市大麻町)、麻部神社(三豊市高瀬町)といった神社や高瀬町麻、大麻山、観音寺市粟井町などの地名はその名残りです。

讃岐をもっとも早い時期に開墾・開発したのは、この忌部氏といわれています。

「さぬきいんべ(TM)」「Sanuki-imbe(TM)」の屋号及びロゴデザインは、この史実にちなんでいます。

四国の地図(香川県・讃岐)

■ ロゴデザインについて

かつて讃岐忌部が朝廷に献上していた祭具の材料は主に「竹」でした。

讃岐忌部に縁の深かった竹の“葉っぱ”を図案化し、現在歴史から消されたように足取りがわからなくなっている讃岐忌部と、日本古来のエコ素材・おお麻(ヘンプ)の六方への広がりを表しています。


※これらのロゴを当店の許可なく、再利用し、複製し、再配布することはできません。

さぬきいんべロゴ

■ 運営者について

・屋 号: さぬきいんべ

・創 業: 2010年1月

・住 所: 〒793-0006 愛媛県西条市下島山甲540番地

・代 表: 加藤義行

・TEL: 0897-56-1054

・E-mail: y.kato★sanuki-imbe.com  ※ ★を@に変えてください。

・事業内容: 物品の販売業

・経営理念:
「日本の伝統文化を継承し、光あふれる世界へ」(持続可能な社会作りに貢献する)

・取引銀行:
三菱東京UFJ銀行 高松支店、楽天銀行 ジャズ支店、伊予銀行 飯岡支店、ゆうちょ銀行 六三八店

・事業経歴:
平成22年1月 香川県高松市にて創業。

同年同月 公益財団法人かがわ産業支援財団発行の「創業事例集」に、さぬきいんべが掲載。

同年5月 讃岐忌部氏にまつわる香川県内の聖跡を巡る「讃岐忌部聖跡ツアー」を有志とともに実施。

同年8月 生まれ故郷である愛媛県西条市へ移転。

平成27年1月 神社仏閣用麻製品を手がける株式会社山川(京都府)の製品を販売開始。

平成29年6月 公益財団法人 愛媛民藝館の評議員に就任。

・店主略歴:

愛媛県生まれ。

おお麻(ヘンプ)、古神道のご縁から当時在住していた香川県の古代に着目し、「さぬきいんべ」を創業。
日本の伝統文化を継承していくべく活動する。

座右の銘は「良いものは美しい 美しいものは良い」。

通販ショップ「さぬきいんべ」代表

弓道弐段、伯家神道 十種神宝御法 六種相伝

愛媛民藝館評議員、日本民藝協会会員、日本麻協会会員、MIHO MUSEUM会員

読書、聖地めぐり、フィットネス、旅行、ソーシャルメディア、芸術鑑賞

(2017年7月6日更新)


ページトップへ