買い物カゴをみる 倶楽部さぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

麻アースデイ2015京都プレ祭

【平和的で創造的な未来をつくる動きのひとつとなるように】☆イベントレポート★

千年の都・京都で、麻(ヘンプ)文化を発信。『麻地球日2015』

会場の元・立誠小学校

6月21日、麻(ヘンプ)のイベント、「麻アースデイ2015京都プレ祭」(主催:NPO法人日本麻協会×麻地球日実行委員会)が開催されました。

会場の元・立誠小学校は、江戸時代に土佐藩邸があったあたりに建っているそうです。歴史の重みを感じさせる“千年の都”である京都にて、日本の麻文化を世界へ向けて発信する今回のイベント。

様子を見に行ってきました。写真とともにご紹介いたします。

会場入り口付近
会場は、元・立誠小学校(現在は廃校)の校舎。



「リネイチャー」(神奈川県)の看板
環境に優しい素材の衣類を展開するリネーチャー(東京)が出店。



菊屋×BUAISOU。ヘンプ100%の蚊帳
下半分が藍染めの特別仕様。ヘンプ100%の蚊帳(かや)の中は別空間♪



大勢の人でにぎわい。染め、精麻の手撚りのワークショップも。


会場はお昼ごろから人が増え始め、だいたい16時すぎまでは人がひっきりなしに来る感じでした(自分感覚)。

体験型の染め物や国産精麻を手撚りするワークショップ、また蚊帳の体験コーナー〔今回ヘンプ・ラミーのものと、ヘンプ100%×藍染め(菊屋×BUAISOUコラボレーション)の2つが展示〕で楽しむ方もわりあい多く見られました。

今回確認したワークショップは下記の通りです。

べんがら染めの染め体験、国産精麻で腕輪づくり・手撚り、シルクスクリーンの刺しゅう、、etc.


(飲食物の販売も講堂の方で比較的多く見かけ、どれもおいしそうでしたが、今回は味を確かめることができませんでした。すみません)

京都・山川のワークショップ。
国産の精麻で腕輪をつくるワークショップ。集中してます!



こちらでは服の販売。
たくさんの方がお越しになっていました。こちらは衣服やヘンプオイルの販売。



アーチ型の玄関(元・立誠小学校)
アーチ型の玄関がオシャレです。(元・立誠小学校は昭和初期の建築)
 麻福も出店
 麻福(神奈川)も出店。北村社長と5年ぶりに再会!



べんがら染めのワークショップ
べんがら染めのワークショップも人気。大勢の方が染め体験されてました。



ステージでは、ビデオ上映やトーク、ライブ。子供も楽しめた?


講堂ステージ
講堂ステージでは、ビデオ上映やトーク、ライブを実施。



麻炭カーの展示
ディーゼルエンジンSVO方式の「麻炭カー」の展示もありました。



藍染めの暖簾
この藍染めの暖簾(のれん)をくぐるとステージがある講堂へ。



展示の鈴緒を振る子。
子供も楽しめるイベントだったのでは?



ちなみに、今回のイベントのタイムテーブルは、

1.開会の挨拶(京都麻業株式会社 代表取締役、NPO法人日本麻協会 理事・小泉光太郎さん)、2.上映会「よのあさ 智頭町の今」、3.ライブ Ron or Tsumo a.k.aR1、4.上映会「日本の伝統の麻作り」、5.トーク「ようこそ蚊帳の中へ」(有限会社菊屋 代表取締役・三島治さん、麻福 代表 北村隆匡さん、ライター、NPO法人日本麻協会 理事・松浦良樹さん)、6.ライブ たゆたう、7.トーク「麻女たちの麻生活」(衣・佐光 かずさん、食・ひさの ゆうかさん、美・わき くみこさん)、8.ライブ Hou、9.トーク「出エジプト記に記された麻」(言語学者ラファエル博士、NPO法人日本麻協会 理事長・岡沼隆志さん)、10.ライブ 海老原清也さん 梶野桃世さん、11.〆

でした。



今回は「プレ祭」。来夏に場所を変えて「本祭」を開催予定。


ヘンプ関連のイベントに参加するのは「オープン・ヘンプ・ギャザリング2007@高知」以来、8年ぶり。その時以来の懐かしさと、ときを経た新しさを感じました。

当日は個人的に、麻福の北村隆匡さんと5年ぶりの再会、NPO法人日本麻協会の理事長・岡沼隆志さんと初対面など、絆を深めることもできたと思います。

日本麻協会×麻地球日実行委員会の皆様、出店の皆さま、おつかれさまでした。ありがとうございました。

今回は「プレ祭」で、2016年夏に上賀茂神社(京都市北区)において「本祭」が開催される予定です。


(文責・加藤義行)



ページトップへ