買い物カゴをみる 倶楽部さぬきいんべ登録・ログイン お買い物方法ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

おお麻(ヘンプ)について

おお麻(ヘンプ)とは、世界各地に分布するアサ科の一年草のことです。日本では、「大麻草」、あるいは「大麻」と呼ばれる植物をいい、亜麻やマニラ麻など世界で20種類以上ある麻のうちの一種です。

■おお麻、ヘンプという用語-----当店では“おお麻”で統一しています。法律や日本の伝統文化との関係などで、わかりづらい場合は大麻と表現しています。

■日本国内での個人使用-----おお麻を嗜好品(ドラッグ)としては推奨していません。大麻取締法では所持・栽培・譲渡等が禁じられています。

■当店の立場-----おお麻は経済・文化・地球環境といった面で利用価値の高い植物であり、循環型社会の形成に必要なバイオマス(生物資源)のひとつと捉えています。


1.法律上の位置づけ

大麻草というと、「大麻汚染」「マリファナパーティー」という言葉を思い出すかもしれません。誤解されがちなのですが、大麻取締法という法律上、大麻とは花穂と葉のことで、種子と茎、これらからできた製品は対象外です。

大麻取締法 第1条〔大麻の定義〕
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。 ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。


日本の大麻取締法上の大麻草の位置づけ
合法(法規制外部位) 違法(法規制部位)
大麻草 成熟した茎と種子 大麻=花穂と葉
大麻草からできる製品 伝統工芸利用
麻織物・神事用・民芸品・花火・弓弦・結納品など
医療利用
鎮痛剤・制吐薬・緑内障薬
神経性難病薬
産業利用
衣服・雑貨・紙・食品
建材・化粧品・燃料など
嗜好品
ソフトドラッグとしてマリファナ・ハッシッシなど

※大麻草の栽培は、都道府県知事の許可を得なければならない。
「ヘンプ読本」築地書館より。


2.おお麻の歴史と他の繊維との違い

調べてみると、おお麻(ヘンプ)は、日本においては戦前まで衣食住をはじめ、医療、建築、神事などに日本の文化と歴史に深く関わりながら、絹とともに綿よりもずっと古くから使われてきたようです。

主な繊維材料との違いを表にまとめてみました。

主な繊維材料の種類
種類 大麻草 綿
呼び名 たいまそう きぬ めん
別名 Hemp
ヘンプ
Silk
シルク
Cotton
コットン
学名 Cannabis Sativa L.
カンナビス・サティバ・エル
- Gossypium.
ゴシピウム
分類 アサ科
一年草
- アオイ科ワタ属
多年草
原産地 中央アジア 中国 インド
アフリカ
世界の主な生産国 中国
フランス
ルーマニア
中国
インド
タイ
日本
世界60カ国以上
遺跡等での出土 中国・ゴビ砂漠の墓遺跡から2700年前の乾燥大麻 紀元前1000年頃の古代エジプト遺跡から中国絹の断片 紀元前2500年頃から古代インダス地方で繊維作物として栽培
日本への伝来時期 福井県・鳥浜遺跡(1万年前)から種子と繊維 弥生時代前期の墓から出土 平安時代初期
日本の産地 栃木
長野
群馬
埼玉
福島
大阪
静岡
愛知
兵庫
主な用途 下駄の鼻緒、蚊帳、衣料、混紡地、畳の縦糸 衣料、寝具、弦楽器の弦 衣料、寝具
特徴 ・強い
・放熱性が高い
・汗を蒸発させる効果がある
・抗菌作用がある
・消臭力がある
・従来の麻製品(亜麻や苧麻)にはない、やわらかな肌触りと風合い
・軽くて丈夫、やわらかい
・吸湿性が良い
・染色性が良い
・通気性が良い
・家庭での洗濯が困難
・変色しやすい
・虫に食われやすい
・伸びにくい
・丈夫
・吸湿性がある
・肌触りがよい
・縮みやすい

「ヘンプ読本」築地書館などを参考に作成。


普段の私たちの生活で最も用いられているのは綿(コットン)ですが、栽培時に大量の除草剤、殺虫剤等の農薬が使われており、製品化の工程でも多くの化学薬品が使われていることはあまり知られていません。

農薬を使わずに栽培するオーガニックコットンと並んで、自然派志向の定番となってきたのがおお麻(ヘンプ)です。


とくに近年、おお麻(ヘンプ)は約90日で3〜4mにも成長する生産性の高さや、さまざまな製品に活用できる応用性から、日本以外の国、ヨーロッパやカナダなどの欧米諸国では環境素材として見直され、石油に変わる循環可能な社会形成に不可欠な植物として注目されています。

OECD(経済開発協力機構)30ヵ国の麻
栽培推進国 イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・オランダ・フィンランド・スウェーデン・オーストリア・スペイン・チェコ・ハンガリー・ポーランド・スロヴァキア・カナダ・メキシコ・オーストラリア・ニュージーランド・スイス・ノルウェー・韓国・トルコ・ポルトガル・アイスランド
非栽培国 ベルギー・デンマーク・ギリシャ・アイルランド・ルクセンブルク
栽培抑制国 日本・アメリカ合衆国

EIHA(2005),FAO state(2004), Ivan Bocsa, The cultivation of HEMP(1998)


3.これまでの麻と、おお麻の違い


戦前までは麻といえば、おお麻(ヘンプ)のことだったようです。それが戦後60年以上を経て認識が違うものになりました。

現在は麻と言えば、亜麻(あま、リネン)と苧麻(ちょま、ラミー)を指します。

なお、家庭用品品質表示法で、麻と表示することが認められているのは、衣服やシーツの素材として使われている亜麻と苧麻の2種類だけで、おお麻(ヘンプ)は“指定外繊維”として扱われます。


従来の麻、亜麻と苧麻
種類 亜麻 苧麻
呼び名 あま ちょま
別名 Flax
フラックス
リネン
Ramie
ラミー
からむし
学名 Linum usitatissimum. Boehmeria nivea Gand.
分類 アマ科
一年草
イラクサ科
多年草
原産地 中央アジア 東南アジア
世界の主な生産国 中国北部
フランス
ベラルーシ
中国南部
ブラジル
フィリピン
遺跡等での出土 紀元前3000〜4000年頃のスイス遺跡から種と繊維で織った布 中国・新石器時代の遺跡から4700年以前の布と紐が出土
日本への伝来時期 明治初期 秋田県・中山遺跡(縄文晩期)から編布
日本の産地 北海道 本州各地
福島
主な用途 服、帆布、漁網、ホース、芯地 服、寝装具、資材、漁網、芯地
特徴 ・繊維は細く短い
・糸強力はラミーに次ぐ
・色はリネン特有の黄味がかった色
・シャリ感が少なくしなやかである
・水分の吸収、発散性がラミーに次ぐ
・繊維は太く長い
・糸強力は強い
・色は白く、絹のような光沢がある
・シャリ感があり腰がある
・水分の吸収、放湿、発散性に優れている

「ヘンプ読本」築地書館などを参考に作成。


おお麻(ヘンプ)は、従来の麻には無い柔らかな肌触りと風合いが特長です。

下記に、おお麻(ヘンプ)の特長をまとめました。



・熱を逃がし、汗をすぐ乾かせ、また清涼感があります。

・繊維の細長い空洞(ルーメン)をもつ内部構造によって、静電気がおこりにくいです。

・サラサラとした風合いとシャリ感で暑い夏は涼しく、寒い冬も肌を快適に保つことができます。

・腰としなやかさ、独特の質感とツヤ、ナチュラル感のある風合いを併せ持っています。


4.大麻をめぐる日本史


おお麻をめぐる日本史は下記のとおりです。


大麻をめぐる日本史
縄文時代
12000年前の鳥浜貝塚から大麻の縄が出土する。
縄文土器の模様は大麻の縄でつけた。
弥生時代 静岡市の登呂遺跡から出土した大半が大麻製の織物。
3〜4世紀 阿波忌部族が畿内に進出しヤマト王権成立の立役者となった。同時に阿波から全国に麻の技術を伝えた。
古代〜
阿部忌部直系の氏が天皇陛下が即位後大嘗祭でのみ使用する「あらたえ」(麻の織物)を製作した。
古代〜1466年で中断、1687年に一時復活し、1735年以降継続している。
奈良時代 『常陸風土記』『播磨風土記』『出雲風土記』『大日本史』などには日本各地で麻が栽培されていたことが記されている。
平安時代 『延喜式』では、17〜20歳以下の男子が納める郷土の産物を貢納する国として、伊勢・尾張・三河・武蔵・上総・下総・常陸・上野・下野・越前・筑前・肥後・日向・信濃から麻が入っている。
平安末期から
  鎌倉時代
伊勢神宮に仕えていた祠官が全国各地へと赴き祈祷をしてその「しるし」として御祓大麻を授与するようになった。江戸中期には全国世帯の約9割に頒布された。
武家政治は質素を旨としたところから麻の生産量が増えた。
江戸時代 木綿が一般庶民にも普及し麻の地位が低下したが、農民の衣服はほとんどが大麻の布であり、武士の裃は大麻の布で作った。一方で高級麻織物が普及し、近江上布(縦糸に苧麻、横糸に大麻を使った麻織物)は彦根藩の保護を受けて発達した。
明治時代
明治政府が大麻と亜麻の栽培を北海道で奨励したが、軍服、艦船用ロープなどの需要が第二次世界大戦後になくなり、そのまま野生大麻となった。
1886年、日本薬局方(第一局)に印度大麻草と印度大麻草エキスの2つが収載された。明治政府はドイツ医学を手本とした薬局方を採用、1951年の第6局改正まで65年間、大麻は医薬品登録され、鎮痛剤や喘息薬などに使われた。  
大正時代 1921年、大幅に改定された日本薬局方(第四局)に印度大麻草チンキを追加して収載され、 内服で鎮痛薬や催眠剤に用い、外服で巻煙草にして喘息薬として用いた。
昭  和
1930年、アヘン条約の批准に伴い「麻薬取締規則」(昭和5年5月19日内務省令第17号)を制定。大麻草に関しては印度大麻草の樹脂とこれを含むものを麻薬に指定し、輸出入が内務大臣の許可制、製造等が届出制となった。日本で縄や布用に栽培されていた大麻草は、印度大麻草とは違ったため規制対象外であった。
1939年、戦時中に艦船用ロープや軍服などの軍需用に大麻の増産が奨励された。
1940年、農務省から大麻繊維の売買価格が国家統制品となった(終戦とともに廃止)。
1945年、占領軍(GHQ公衆衛生福祉局)により発行された覚書で大麻草が全面禁止とされる。しかし、当時の繊維原料として重要であったため、再三の交渉の結果、栽培には免許許可を必要とする制度として1948年7月に「大麻取締法」が制定され、同年8月に「指定農林物資検査法施行規則農林省令第64号」により、栽培地に17県が指定された。

1978年、栃木県は大麻の種子を他県に配布することを禁止した。1981年、九州大学薬学部の協力により栃木県農業試験場は、薬理成分THCが極めて低い 「とちぎしろ」を開発し、農家への普及を図った。

平  成
1996年、民間で初めて新規に大麻取扱者免許が許可された。

2001年、厚労省は、大麻栽培者免許の交付は、伝統工芸の継承もしくは生活必需品として生活に密着した必要不可欠な場合という2つの基準を示した。

2003年、「構造改革特別区域法」(平成14年法律第189号)の第4次提案で、長野県美麻村が産業用大麻特区を申請したが、特区しては認められなかった。

2004年、構造改革特区の第5次提案および第6次提案で、岩手県紫波町が「麻による農業6次産業化構想」をまとめ、麻栽培免許の交付要件の緩和(産業用利用を目的とする麻栽培を追加)の特区を申請したが、特区としては認められなかった。

2007年、構造改革特区の第12次提案で、全国16地域・会社で21件分を「産業用大麻の種子の輸入規制緩和」特区として申請。
これは栃木県で開発された低THC品種の「とちぎしろ」が県外不出としているため、新規に大麻栽培者免許を取った方が、種子の確保ができないという問題に起因する。低THC品種は、EUやカナダの種子会社が保有しており、そこからの輸入が可能となるような規制緩和を厚労省と経済省に求めたが、すべて特区としては認められなかった。

2008年、北海道北見市が国の構造改革の北海道版のチャレンジパートナー特区に8月8日付で「産業用大麻栽培特区」に認定され、大規模栽培に向けた種子確保やTHC検査体制などの環境整備の議論が始まった。


2012年、麻に関する伝統文化、生活の中で伝えられてきた技術の伝承と産業振興のため、日本麻振興会が設立される。

2013年、鳥取県で戦後初めて大麻取扱者免許が許可され、同県智頭町で約60年ぶりに大麻栽培が復活した。

2014年、北海道知事が道議会一般質問において、薬物乱用につながるマリファナ成分が非常に少なく繊維など多様な用途がある産業用大麻を試験栽培する考えを明らかに。
北海道と東川町、農業生産法人らが連携し寒冷地に適した品種改良や住宅用断熱材などの材料としての可能性をさぐる目的で試験栽培を開始した。麻の社会的信用を高め、産業化に弾みをつけるねらいで一般社団法人「北海道産業用大麻協会」が設立される。

2016年、徳島県吉野川市が平成の合併前に存在していた麻植郡の名称の由来とされる麻の生産復活へ向けた取り組みを開始。官民でつくる「市麻産業創出推進協議会」が設立される。同年9月に「吉野川市麻シンポジウム」を市が企画し開催。
『農業経営者』2012年9月号, P.28に加筆。


5.おお麻にまつわる話



武蔵野大学の阿部和穂教授(薬学博士)が、2016年3月に出版のご著書の中で、おお麻(ヘンプ)について、また麻にまつわるコラムを書いていますので前者は抜粋して、後者は参考とし下記にご紹介させていただきます。

・大麻草には異なる四つの顔がある。一つは「私たちの暮らしに役立つ身近な植物」、第二は「神聖な植物」、第三は「病気の治療に役立つ薬」、第四が「嗜好品・ドラッグ」という顔だ。

・実は「麻」が名前に含まれる植物は大麻草以外にもたくさんある。

・植物学の分類で、アサ科に属するのは大麻草だけである。見かけも違うので、容易に区別がつく。

・共通しているのは、いずれも茎から繊維が採れること。まったく別の種類なのに、大麻草と同じように茎から繊維がとれる植物にすべて「麻」の字を入れて名前をつけてしまったのが、混乱の原因なのだ。よって、植物としての麻は、大麻草に限定するのが正しい。

・一方、繊維としての「麻」も大麻草から取れたものが最もたくさん利用されてきた。

・縄文時代から利用されてきた本家の大麻草繊維が、今では「麻」とは名乗れなくなっているのだ。もし大麻草から取れた繊維を使った商品ならば、タグにヘンプ(指定外繊維)のように記さなければならない。だから、今店頭で売られている服やシーツに「麻」と表示してあれば、大麻草の繊維を使ったものではないということになる。

・「では、“ヘンプ”と表示のある布類を燃やして吸えば、マリファナの代わりになるのか?」というと、そうではない。

・大麻の主な薬効成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)であり、葉や花穂にはTHCが含まれるので規制対象となるが、繊維、繊維をはいだ後の茎(麻芯)、種子からはほとんどTHCが検出されないので対象外となっているのだ。云々。


麻にまつわるエトセトラ
東京都港区の麻布(あざぶ)といえば、「都会の高級住宅街」というイメージである。地名の由来には諸説あるが、「麻の産地であり布を織り出した所」からきたというのが定説だ。今の街の様子からは、大麻草が生えていた昔の姿は想像がつかない。

「麻」がつく地名は他にも、全国にわたってたくさんある。特に麻生(あそう)は多く、茨城県行方郡、群馬県多野郡万場町、岐阜県揖斐郡大野町、鳥取県岩美郡国府町、愛媛県伊予郡砥部町、高知県中村市などにある。
神奈川県川崎市には麻生(あさお)区があり、麻生川が流れている。

北海道札幌市北区にも麻生という町名があるが、こちらは「あさぶ」と読む。亜麻栽培のパイオニアであり、かつて麻産業で栄えたことを地名に残したいという住民の希望で、1959年4月1日に「札幌市麻生町」が誕生したそうだ。

北海道江別市には「大麻」という地名がある。「大曲」という地名と、「麻畑」という地名が合体されて、昭和11年に「大麻」の地名が誕生したそうだ。ただし、「たいま」ではなく、「おおあさ」と読む。

島根県浜田市、香川県小豆郡小豆島町、徳島県鳴門市には「大麻山」という地名があり「おおあさやま」と読むが、香川県善通寺市の大麻町大麻山は「おおさちょうおおさやま」と読む。きりがないのでこれくらいにしておくが、インターネット検索で麻のつく地名を探すと、簡単に数十種類が見つかるので、実際にはもっとたくさんあるに違いない。

「麻」は日本人の苗字にも数多く見られる。
麻井(あさい)、麻丘(あさおか)、麻川(あさかわ)、麻木(あさぎ)、麻下(あさした)、麻口(あさぐち)、麻倉(あさくら)、麻崎(あさざき)、麻島(あさしま)、麻原(あさはら)、麻見(あさみ)、麻宮(あさみや)、麻本(あさもと)、麻山(あさやま)、麻生(あそう/あさお)、麻生川(あそがわ)、大麻、麻植(おえ/おうえ)、色麻(しかま)、宅麻(たくま)、当麻(とうま)、天麻(てんま)などなど、こちらもきりがない。
必ずしも麻に関係なく、音の響きで「麻」の字をあてたケースも多いが、それだけ麻が私たち日本人に身近な存在だった証であるといってよい。
名前にいたっては、「〜麻呂」という古代の偉人は数え切れず、「ま」や「あさ」の響きが優しいこともあって、女性の名前に多い。

麻に親しんだのは、日本人だけではない。英語で繊維の麻はHemp(語源は古英語、またはアングロ・サクソン語のhænep)というが、世界には、Hemphill(米国テキサス州)、Hempland(英国ヨーク州)、Hempriggs(スコットランド)などの地名がある。
ちなみに、Hemphillは、テキサス州最高裁判所裁判官で、後に上院議員を務めた、John Hemphillにちなんで付けられた町名で、そもそもHemphillという名字はスコットランドに起源を持つそうだ。どこかで麻と関係があったに違いないが、詳細は不明だ。

大麻草の学名はカンナビスCannabisだが、その語源はギリシャ語のκανναβιs(= cannabis)だそうだ。さらに派生してキャンバスcanvasという言葉が生まれた。キャンバスといえば、油絵を描くときに用いる画布を思いつく人が多いだろうが、もともとは帆船に使う帆布(はんぷ)をcanvasといい、それをカバンやテント、帯、そして油絵用に応用したのだ。昔はこれらの布を作るのには、丈夫な大麻草の繊維が広く使われていたので、そう呼ばれるようになったそうだが、今では、亜麻や綿、合成樹脂が使われることが多い。

亜麻の繊維は、リネン(英語のlinen)またはリンネル(フランス語のliniere)とも呼ばれる。起源をたどると、ラテン語で亜麻を意味するlinumに-enをつけて「亜麻製の」という形容詞ができ、それが亜麻繊維のさす名詞になったと考えられている。
そして亜麻繊維は、古くはライン(line)ともいわれていた。大麻繊維と同じように、細くて丈夫な亜麻糸は、帆布やテントを作るのに広く利用されていたことから、ライン(line)は「線」という意味でも使われるようになった。電話線から派生して、電話そのものを意味してラインということもある。

最近ではLINEというスマホのソーシャルネットワーク用アプリがあるように、「つながる」「つなげる」というニュアンスで、ラインという言葉を使う若者も少なくない。
ちなみに今私は、通勤中に「湘南新宿ライン」というJR路線の電車の中で、パソコンを使ってこの原稿を書いている。麻の糸が、私の自宅と仕事場をつないでくれているのだと考えると、ちょっと感慨深い。

古来より長い間、私たちに寄り添い生活を豊かにしてくれた麻。それが、今では危険ドラッグという悪者に姿を変え、私たちの生活を乱している。神聖なる御札「大麻」の力も通じそうにない。糸のほつれを解いて、明るい未来へ“つなぐ”ことは、私たちの責務である。

「危険ドラッグ大全」阿部和穂著(武蔵野大学出版会)PP88-89、PP181-184より抜粋およびPP233-234を引用


いかがでしょうか?

今日からできる、おお麻(ヘンプ)を私たちが日常生活に取り入れる方法をまとめてみました。

よろしければ、おお麻生活13の方法をご覧ください。


ページトップへ